クレーンの仕事内容 土木・建設工事には様々なクレーンが使用されます。その操縦士は資格も必要となる重要な仕事です。

TOP 仕事の内容は? クレーン

クレーン操縦士

子供の頃大好きだったものといえば、工事現場で働く車や大型機械設備。その中で一番の背高がクレーンです。
ビルの上方に部材を運ぶ大型のタワークレーンもあれば、街中も走ることのできる移動式のクレーンもあります。建設建物に取付け、高さが高くなるとともに上に移動させていくクライミングタイプもあります。
基本的には物を移動させるのが仕事ですが、移動元の人との連携、移動中の安定・安全性の維持、移動先の人との連携、と息のあったチームプレーが必要不可欠。動かすのは機械ですが、肝心なのは作業員どうしのコミュニケーションです。
大型の部材を移動させるので、万が一にも事故のないよう、やはり繊細な注意が求められる仕事です。

クレーン操縦士の募集情報

仕事の内容は?

一つ前に戻る

TOP 仕事の内容は? クレーン