土木工事の仕事内容 私達の暮らしの基盤となる、道路や橋・トンネル、海岸や河川などを、様々な専門工事で整備します。

TOP 仕事の内容は? 土木工事

トンネル工事

道路や鉄道、歩行者用や水路用など様々なトンネルがありますが、山岳に限らず私達の暮らしている地下や海底にもトンネルを通します。近年では、吹付けコンクリートとロックボルトと呼ばれる補強材を使用したNATM工法が主流となっています。さらには、シールドマシンと呼ばれる専用機械を使用した工法も開発され、より安全に精度よく工事が行われるようになりました。大型の重機を使用して正確に掘り進む事が要求され、さらには安全管理や周囲の環境保全に気を配る事も必要な仕事です。

トンネル工事の募集情報
シールド工事

近年都市部の地下鉄や道路、下水道や地下水路などによく使用されるトンネル工法の一つです。シールドマシンという筒状の機械を使い、前面で回転するカッターにより土を掘り、後部ではセグメントとよばれる壁面となる分割されたブロックを組み上げて、掘った部分を固定していきます。柔らかい地盤でも安全に掘り進める事ができるのが特長です。日本のシールド工事の技術水準や安全性は非常に高く、海外でも採用されている程です。

シールド工事の求人情報
一般土木工事

道路工事をはじめ、海岸や河川の整備、山の斜面が崩れない様にする傾斜地の安定化、建物の解体工事、緑地整備や土地の造成など、幅広く様々な土木工事をまとめて一般土木工事と呼んでいます。掘削や盛土、足場の仮設、杭打ちやコンクリート打設、地盤改良や舗装工事など、企業によっても担当分野やその工事規模は様々です。民間の施設や住宅地の工事もありますが、道路や河川、公園等は国土交通省や自治体から依頼される公共性の高い仕事です。

一般土木工事の求人情報
重機土工

土木工事現場としてよくイメージされる、黄色やオレンジ色のブルドーザー、油圧ショベル、ダンプカーやクレーンなどの建設機械を重機と呼んでいます。重機土工工事では、それらの機械が道路やダム、河川や港湾、土地の造成などにおいて掘削や運搬などに活躍します。工事を行う企業では様々な大きさや能力の重機を所持しており、それらを操作する重機オペレーターという仕事があります。操作には機械の種類や大きさ、重さによって分かれる資格が必要となりますが、近年では女性オペレーターも活躍しています。

重機土工の求人情報
法面処理工事

工事によって削られた山地の斜面を法面と呼びます。法面処理工事は、その斜面が崩れて落石や土砂災害が起きない様に安定化させる工事のことです。斜面下の道路や住宅など、暮らしの安全を守る必要不可欠な仕事です。災害を予測する事は非常に困難ですが、定期的に調査を行い、地形や地盤、気候の特性、施工のしやすさ等に合わせて、予防・保護の工事を行います。また法面の安定を確保すると同時に、景観や環境保全の観点から、緑化する工事も行われます。

法面処理工事の求人情報

仕事の内容は?

一つ前に戻る

TOP 仕事の内容は? 土木工事