仕上(内部)の仕事内容 室内の目的に合わせ、天井・床・壁・家具などを作ります。多くの専門工事に分かれています。

TOP 仕事の内容は? 仕上(内部)

耐火被覆工事

耐火被覆工事は、火に弱い鉄骨の周りに、火に強い材料を取付ける事で火事に強い建物にする作業です。粒状の材料を長いホースで吹き付けたり、最近は大きな布団のような耐火材料をそのまま鉄骨に巻き付ける工法やパネルを貼り付ける工法など種類も増えました。どれも隙間無く、必要な厚みを鉄骨に取付けることが大事です。きちんと施工することで建物の耐火性を高め、倒壊を防ぐ事ができます。

耐火被覆工事の募集情報
金属工事

建物に使用される金属を、加工・取り付ける工事です。建築物に使用される金属類の多くがこの業種の仕事になります。
部屋と部屋との間仕切りや天井を作るための下地を作る「軽鉄工事」から、表札プレート、目隠しのアルミルーバー、階段の手すりや笠木、ポストまで、多岐に渡る用途の金属を扱います。アルミやステンレス、スチールなど使用する金属の特性に合わせて加工していきます。現場の寸法に合った、ぴったりの特注品が納まった時には、一層の喜びが感じられる仕事です。オールマイティに対応できる能力が求められます。

金属工事の求人情報
石工事

石工事は石材を積む・貼るなどして、工作物を作っていく仕事です。石材には大理石、御影石、花崗岩…と種類や産地によって様々な色や模様があります。近年少なくなってはきていますが、比較的身近に見るのは大谷石の塀でしょうか。柔らかく風合のある石材です。
また、屋外・屋内とも仕上として使われますが、熱に弱い、強いという性質も石によって違い、使用する箇所を選びます。ホテル・マンション・事務所ビル・公共建築物などで高級感を与える材料としても選ばれる事が多いのですが、高額でかつ割れやすい性質のため、取り扱いに神経を使う仕事です。

石工事の求人情報
タイル工事

壁や床にタイルを貼って仕上げる仕事です。
タイルの貼り方は、目地を狭くしたり幅広に取ったりする事だけでも印象が変わります。目地材も、色や粒子の粗さなどを変えるだけで表情が異なります。
例えば、床のテラコッタ風タイルに粗い粒子の目地材を幅広で使えば、田舎風なイメージに。
また、キッチン周りにガラスモザイクタイルを使えば、軽快な印象に、と仕上の作業だけに内装の印象を決める大事な仕事です。
下地づくりから丁寧に行い、不陸(ふりく)がなく、剥がれのないように注意して施工します。

タイル工事の求人情報
内装工事

室内の空間を総合的に作り上げる仕事です。何も無い空間から床・壁・天井、照明やコンセントなどの設備、家具の造り付けと、下地作りから仕上げまで、様々な職人さん達の手を借りて作り上げていきます。その建物を利用する方達の、最も目に触れる仕事となります。
また、その工事管理を担当する人は、造作大工さんをはじめ、クロス屋さん、塗装屋さん、左官屋さんや電気屋さんなど、各職人さんたちの仕事内容とその工程とを日々管理しまとめ上げます。苦労も多いですが完成した時の喜びもひとしおです。

内装工事の求人情報
サイン工事

サインとは建物の内外に取付ける案内板のことです。その建物に訪れる人たちに、出入口やトイレ、その他行きたい場所について知らせます。建物の雰囲気を損なわないよう、でもきちんと場所が伝わるよう、色や大きさ、取付ける場所を考えます。トイレなどのマークはピクトグラムと言い、それらの形もデザインセンスを問われます。目や耳に不自由がある方に対しても建物内を移動できるよう専用の案内を設けます。

サイン工事の求人情報

仕事の内容は?

一つ前に戻る

TOP 仕事の内容は? 仕上(内部)