前友会のご紹介

TOP 前友会のご紹介

前友会とは?

前田建設では、協力会社のうち、主要な約500社と「前友会」を組織しています。前友会は昭和23年に始祖となる「協調会」が発足し、昭和47年に現在の「前友会」の組織となりました。前友会では年1回総会開催し、各部会で活動を本部と支部で年数回行っています。
部会は、安全環境部会・土木部会・建築躯体部会・建築仕上設備部会・建設女性部会の5部会で活動しています。

前友会会長あいさつ

「前友会」は2018年現在全国11支部530社で構成する、準大手ゼネコンである前田建設工業の厳しい入会基準をクリアした協力会社組織です。
1948年に発足した土木の「協調会」と1967年に発足した建築の「前進会」が1969年に合併され「前友会」が発足し今年で49年の歴史を持ち、2019年には前田建設工業の創業100周年記念の年に50周年を迎えようとしています。
現在の主な部会は安全環境部会・土木部会・建築躯体部会・建築仕上げ設備部会・建設女性部会の5部会を軸として活動しており、その他QCサークル改善活動の全国発表大会を通じて生産性の向上に努め、広報活動を通じて担い手確保と育成を図り、社会奉仕活動によって社会貢献に努め、今後も積極的に取り組んで参ります。

前友会会員は前田建設工業の経営理念『良い仕事をして顧客の信頼を得る』に従い、会員はベストパートナーとしての誇りを持ち続け、甲乙対等の同じ目線で全てのステークホルダーから安全安心で信用信頼されるグループを目指し、各種活動を推進しています。
その中でも特に前田建設工業と前友会が車の両輪となって、【働き方改革・若手並びに女性の入職者推進】を最重点課題と捉え、中期計画として現在取り組んでいます。

『魅力ある職場づくり』を積極的に推進し、前田建設工業の卓越した頭脳力・技術力・資本力を併せた【経営管理能力】と前友会の卓越した経験工学力・生産性向上力・労務機動力を併せた【匠の技集団力】が一体となって人財(材)確保・育成のために斬新的な時代に即した教育を企画・実行して参ります。

結びに、自然と調和した人間のための建造物とインフラ整備による土木構造物づくりの素晴らしさと達成感を、是非とも共に分かち合いたいと心より願っておりますので、やる気のあるポジティブな将来の建設マン・建設小町の多数の参画を熱望します。

前田建設工業株式会社
前友会会長
橋本 茂
一つ前に戻る

TOP 前友会のご紹介